あべのタスカル

体験型防災学習施設 大阪市立阿倍野防災センター あべのタスカル

バーチャルで体感しよう!「タスカルVR」を公開


ご自宅や職場などからも大阪市立阿倍野防災センター「あべのタスカル」を体感していただけるよう、防災体験学習エリア内を3DビューとVR(バーチャルリアリティ)でご覧いただける「タスカルVR」を公開しました。(協力:一般社団法人 VR革新機構)

5G対応 3D&VR「タスカルVR」はこちら
(外部サイトへリンクします)

※VR映像として鑑賞する場合は専用ゴーグルや専用メガネが必要です。

※パソコンやスマートフォンなどでは3Dビューでご覧になれます。

タスカルVRイメージ
タスカルVRイメージ

災害発生直後の街並みを再現した「がれきの街」や、高さ6メートル超の巨大スクリーンが設置されたシアターなど、まるで施設の中にいるようなリアルな映像をご覧いただけます。

また、VR映像内のリンクポイントでは動画(YouTube)を再生し、各コーナーの体験内容等を視聴することができます。

まずは、「タスカルVR」を見て、感じて…そして実際に「あべのタスカル」に来て体験してください!

※公開期間 2020年11月9日(月)~2021年3月31日(水)

※VR映像は新型コロナウイルスの影響で入場制限を行っている施設をボランティア活動で支援する一般社団法人VR革新機構のご協力のもと、2020年10月に撮影して制作しました。体験学習エリアの展示などは随時変更の可能性があります。ご了承ください。

※映像の閲覧は無料ですが、通信料はご覧になる方ご自身の負担となります。

※VR映像 アイコンのご説明
    VR映像アイコン

  1. 3DSpaceの探索:体験エリアを歩いて移動することができます。
  2. ドールハウスの表示:ドールハウスのように館内を俯瞰で見ることができます。
  3. フロアプランの表示:館内を真上から見ることができます。
  4. 測定モード:十字ボタンを押して、任意の場所2点の距離を測定することができます。